正しいクレンジングを学ぼう



普段、どんなクレンジングをしているかを聞くと、最近はウォータープルーフをはじめ崩れにくい化粧品を使っている人が多いせいか、そういった化粧品がよく落ちる「オイルクレンジング」でメイクを落とし、その後、ダブル洗顔する人が多いようです。

クレンジングには「オイルタイプ」の他に、クリームタイプ、ミルクタイプ、ゲルタイプと様々な種類がありますが、オイルタイプはメイク落ちがすごくよく、こすらずにササッと洗えることが特徴です。

クレンジングで一番やってはいけないことが、雑にゴシゴシこすって、肌を傷めてしまうこと。

お肌を必要以上にこすってしまうと、バリア機能やうるおいが低下してしまい、それが乾燥や小ジワの原因になってしまいます。

クレンジングは、順番もとても大事で、アイメイクを最後に落とすことが、ひとつのポイント。

目元を先にやってしまうと、そのあとがよく見えずに、雑にゴシゴシこすってしまいがちなので、クレンジングはしっかり鏡を見ながら順番を意識して、目元のクランジングは最後に行うようにしましょう。

また、クレンジングでお肌の皮脂や油分を必要以上に落としすぎるのもよくありませんので、あまり時間をかけすぎず、できれば1~2分でササッとすませてしまうことを心がけましょう。

なお、メイクを落とさずに寝てしまうのは、かなりお肌に負担がかかるので、極力、避けなければいけません。

今日の汚れは絶対明日に持ち越さない。

日々のクレンジングは、何万円もする美容クリームを使うよりも美肌を保つには大事なことだと、しっかりと心がけておきましょう。




女弁護士